オーライトについて

グリーンビル

自然と調和がとれている美しい建物

Oright's factory

大自然から学ぶ

当社は2012年に約1.8億元を使用し本社グリーンビルを建てました。土地選びに約2年を費やし、1年間をかけて朝晩の日照角度と風向きを観察し研究を重ねました。徹底した環境貢献活動を行うことをモットーについに緑と共存する本社ビルの設立に成功いたしました。

グリーンビルの施工当初、私たちはビル付近で一匹のカエルを見かけました。このカエルは私たちより早くからこの土地に生息しているようでした。

私たちの望みはグリーンビルが出来た後も動植物たちと共存することにあります。

ビルの屋上には風力発電、太陽光パネル、植物でできた緑のカーテンがあります。使用している植物はすべて元々生息していたものです。

ビルが建てられた後も、以前と同じように動植物が生きていけるような環境づくりに細心の注意を払うことで当社は環境保全へまた一歩近づくことができました。

  • 「台湾EEWHグリーンの建築黄金級」認証
  • 工場類建築「ダイヤモンド級の建築カーボンフットプリント認証」

O'rightの「グリーンビル」に踏み入ると、さまざまなグリーンのアイディアが散りばめられております。グリーンビル本社全体が地形や風に沿って建てられており、柵がないデザインとなっております。大きな樹木は約60本以上あり、それだけでなく土壌水分を安定に保つ植物が約10,000本以上あります。たくさんの植物に囲まれながら、私たちはおよそ600匹以上カエルと共生しているのです。

本社ビル内に入り、まず目に入るのは大きな階段です。フィリグリーのデザインにより、下の階にある植物が階段から上に伸びるように育てられおり、雨の時も水が下の階にある池に流れ溜まるようになっております。階段にある植物はすべて雨水と太陽光のどちらも自然に吸収することができるようになっております。

また、皆様にはグリーンビル内が具体的にどのように自然と共存しているのかについて詳細をご説明いたします。

アースルーム

アースルームには「換気システム」を搭載しております。これらは自動的に室内の空気品質を一定に保ち、自動で空気を新鮮なものに換気してくれる機能があります。空気中から検出された数値により空調環境を変える省エネ設備で、動植物だけでなく従業員にも最適な環境を提供してくれます。

低炭素オフィス

社員が主に使用するオフィス内では環境保全に関する小さなアイディアが各所にございます。 まず、ガラス張りの窓は全て窪んだかたちに設計しており、直射日光を遮断することで室内の温度を上げるのを防いでおります。涼しく快適な環境にいることで冷房をつけることなく電気料金の削減に成功いたしました。

また、テーブルは全てアカシアを原料にしており、どのテーブルも独立した電気管理システムが搭載されているため、不必要な電力の使用を低減することができます。

環境にやさしい生態池

廃水や雨水を再利用し、スプリンクシステムを用いて養殖用水や日常生活の洗濯等の機能を融合いたしました。このように水を再利用することでグリーンビル内で絶えず水資源が浄化されていきます。

また、これらの生態池には魚やカエルなどが自由自在に泳いでおり、水質の良さも伺えます。

国際級有機植萃研究開発センター

独立研究実験室「有機植物抽出研究開発センター」の検証能力がより一層あがりました。2016年に国際レベルのBSL-2(P2)実験室、検査技術と実験室の規格が国際レベルに達しました。

国際標準が厳しく要求される財団法人全国認証基金会TAF実験室認証を取得し、台湾初の国際ISO 11930を取得しました。防腐力試験法がTAFの防腐挑戦に合格。試験認証のヘアケア用品会社が

総生菌数認証、国際レベル肌膚効果検証、表皮含水量認証、経表皮水分蒸散量認証、皮膚のメラニン色素認証の国際的なTAF認証5つ獲得しました。これらの賞の獲得により当社の実験室が認められただけでなく、当社の製品の安全性などを証明することになりました。

有機野菜のレストラン

有機野菜のレストランは地元の有機農場野菜と果物、倫理的な調達コーヒー豆を使っています。社員の健康を維持するだけではなく、有機農業が継続的に発展していくことを支援してまいります。

スカイ農場

全地域の玉石と土壌植生の自然降温設計がアイランドの熱を下げる効果があります。

効率的に建物の温度を下げることにより室内の温度も一定に保られ、冷房使用による電力を削減することができます。

当社は鳥の生息地を設け、グリーンビル本社の周りに原生鳥類の生息環境を作り、彼らの生息地を保全することで、周囲の環境と共存できるように全力を尽くしております。

* 営業カレンダー *
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ